スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントロだけ

なんだか、公私ともに忙しくて、ネタはあれどもなかなか更新のヒマがないので
とりあえず、サワリの部分だけ。

09092014-1.jpg
アメリカの海につかりに行きました。


おわり




ハーディ的に書くと、これで終わりになります。
人間的に書くと、時間がかかるので、また今度時間があるときに
書きたいと思います。


シアトルの近くで、軍艦に乗ったり
09092014-2.jpg



こんなところで、なんとなくハイジな気分になってみたり
09092014-3.jpg
しました。



よろしければ、おひとつお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

気がつかないだけ

地元ブリティッシュ・コロンビア州の電気会社が最近、こんなコマーシャルをしています。




最後にナレーターが語っています。
The most rediculous thing about wasting power is that for some reason you don't think it's rediculous.
(電気のムダ使いで一番バカバカしいところは、こんなことをしても何故だかバカバカしいと思わないことなんだよね。)


そうなんだよなぁ。1時間水を出しっぱなしにしたら、ああもったいないと思うのに、部屋やパソコンの電気を1時間つけっぱなしにしても、そんなにもったいないと思わない。反省しました。


日本でも、みんなが努力しているときに、ナイターで電気の浪費するのはやめようよ。するんだったら、デーゲームで電気使わないところでやろうよ。ねぇ。


ごはんだって、まだ満足に口にできない人がたくさんいるんだから、一口でもムダにしたらバチがあたります。
03192011-1.jpg


ボクが責任もって片付けてあげましょう。
03192011-2.jpg

ムダにしてるわけじゃあ...



艱難汝を玉にす

家庭の事情でしばらくブログを手つかずのままで、いただいたコメントにお返事もできず、すみませんでした。


その間に、日本では大変なことが起きていました。
何か書きたいと思いながら、言葉が見つかりませんでした。

今回の地震、津波で、被災された方、家族をお住まいをなくされた方、今なお続く原発事故におびえながら暮らしておられる方、月並みながら心からお見舞い申し上げます。



阪神大震災のときも冬でした。津波はなかったけれど、避難所に入りきれなかった人たち、余震におびえて避難所で寝ることができなかった人たちが、外で焚き火をしていらっしゃいました。今回の災害でも、もうすぐ1週間が経過しようというのに、いまだに食べ物も満足に口にできず、一枚の毛布を数人で分かち合って震えている人たちがたくさんいます。大きな災害があると、ライフラインが寸断されること、そんなとき、どうして救援物資を送り届けなければならないのか、過去から学んで生かすことはできなかったのでしょうか。はがゆいです。



海外に住み、日本人以外の人たちと共に暮らすものとして、実感したこと。
ほんとうに困ったときは、世界中の人が救いの手を差し伸べてくれる。アメリカをはじめ、事あるたびにいがみ合っている中国も韓国もロシアも、捕鯨で日本をバッシングしているオーストラリアも、まだ自分たちも地震の被害から立ち直っていないニュージーランドも、お金を出す余裕のないような小さい国も、みーんな日本を助けてくれようとしている。助けられる身になってはじめてわかる、人の優しさ。
世界中の皆さん、どうもありがとう。野口英世のお母さんではないけれど、西を向いては拝み、東を向いては拝み、北を向いては拝み、南を向いては拝み、感謝したい気持ちです。

昨日、爺さんを歯医者に連れて行ったら、歯医者さんに「Are you ok?」と聞かれた。はじめ何のことかピンとこなかったのでポカンとしてたら、「日本にいる家族とか友達とか大丈夫?」って。
ニュースを見てたら、「寄付をしたい人はこちらの赤十字まで」と報道され、初日だけで100万ドルの寄付が集まった。カナダだけでも、こんなにたくさんの人たちが日本を助けようとしてくれるのかと思うと、なんか泣けてくる。


被災されて、つらい思いのしていらっしゃる皆さん。そして、日本の皆さん。
生活が元通りになるまで、何年も何年もかかるかもしれないけれど、遠い将来、このつらい日々を振り返ったときに、あの時あんなにがんばれたんだから、どんなことでも乗り越えられる、という強い心に、自信に変わる日が来ると、必ず来ると、私は信じています。

それまで、みんながんばって!
03182011-1.jpg



がんばって!
03182011-2.jpg



がんばって!!!
03182011-3.jpg



Adversity makes a man wise, not rich
逆境は人を豊かにはしないが、賢くする(艱難汝を玉にす)

ハーディの備忘録 MJ編

偉大なアーティストがひとり急逝しました。
07082009-3.jpg


ママも、ママの妹も、このLPを持っています。CDじゃなくて、LPです。
07082009-1.jpg


きのう、LAで行われたマイケル・ジャクソンの追悼式を見ながらパパとママが話していました。
「ボクは、‘84年に(バンクーバーの)BCスタジアムにコンサートを見に行った」
「(ママの)妹は‘87年の大阪城ホールのコンサートで前から4列目に座っていた」


いろいろ騒がれてたけど、いなくなってしまうと寂しいです。


でも、もっと寂しいのは、パパらがいっしょにお仕事をしている人たちの中には、コンサート当時、まだ生まれてもいなかった若者がいるという事実だそうです。



         ず--------ん
07082009-2.jpg


ボクも、ボクのひいおじいちゃんも生まれてなかったけど...
07082009-5.jpg
(あんたはいいの)



お墓に入っても、「スリラ~」って歌ってるのかなぁ、ってちょっとでも思った人、クリックお願いしますね。
Ranking-A1.jpg


          ブログランキング・にほんブログ村へ

煩悩の犬は

仏教において、除夜は「旧年を除いて新年を迎える夜」という意味で、旧年に犯した罪を悔い、煩悩を除いて清らかな心になって新年を迎えるのだという。百八つある煩悩を除く儀式が除夜の鐘である。


12312008-8.jpg



煩悩とは、欲望や怒り、猜疑など、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらきのことを言う。
「煩悩の犬は追えども去らず」ということわざがある。煩悩は、犬のように、追い払ってもつきまとって離れないという意味である。それだけ煩悩は絶ちがたいということだが...


12312008-1.jpg


結論


このことわざが正しければ、うちの犬を見ている限り、煩悩を断ち切ることなど、
ムリである。


Surrey市に隣接するCoquitlam市には、大晦日の夜には住職といっしょに般若心経を唱えて説法を聞き、希望者全員に除夜の鐘をつかせてくれて、年越しそば、お餅、せんべいまで振舞ってくれるという、まことにありがたい浄土宗の東漸寺がある。


TOZENJI.jpg

Purdy家では毎年鐘をつかせてもらいに行っているが、今回は例の大雪がまだ道路に大量に残った上に凍てついており、路上駐車などムリな状態なので断念した。


クリスマスの後も雪は降り続き、雪かきの重労働で疲れた体にムチ打って出かけるお散歩も、ご覧のように「雪中行軍」。
12312008-4.jpg


パークでは、い~ぬはよろこび、にわかけまわり~♪を地でいくハーディさん。
12312008-5.jpg


おなかまで雪に埋もれていても、まったく気にせずに遊んでいるが、
12252008-3.jpg


こんなハイパー犬に付き合って、ヒザまで雪に埋もれてパークに入っていかにゃならん飼い主の苦労もちょっとは考えてやれよ~。しかも、う○こするときは、はばかってんのか、足跡すらない深雪の中へわざわざ行ってやってるし。

12252008-4.jpg


せっかく2週間ほど冬休みがとれたのに、半分は「雪かき」と「雪中行軍」で終わってしまった。
嗚呼、今年はもう雪は積もりませんように。


12312008-3.jpg
皆さん、いつも見に来てくれて、ありがとうございます。
それって、ブログの更新さぼる言い訳にしか聞こえないんですけど、どう思います~?
ボクが責任持って書かせますから、これからも「Hyper Hardy」をよろしくお願いしまっす。


世界中のDog Loverの皆さんへ、
A Happy New Year!


お年玉の1クリック、おありがとうござ~い。
Ranking-A1.jpg


          ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。