スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝が悪いからって...

愛犬の具合が悪いと、飼い主のほうもテンション激下がり。
膝痛そうだし、やめようかな、と思いながら、本人も楽しみにしてるしとハイドロセラピーに連れていったんですが、帰ってきたらまたビッコをひいています。

手術代がもったいないからでは決してなく、できるだけ自然な形で治癒させてやりたいので、大型犬には向かないといわれる保存治療をあえて取っています。犬の場合、自分で選択できないので獣医師との話し合いの結果、飼い主が決めるのですが、99%「大型犬だから、TPLO(以前に書いた、足の骨にドリルで穴をいくつも開けて金具でとめるやり方)にしましょう」と言われます。人工的に足の骨に角度をつけることによって、膝くずれを防ごうというものです。現在の医療では、この方法が一番治りが早く、効果的と言われますが、
言われますが!
医者は言わないけど、若いうちにこの手術をして、年とってから、膝以外のところに関節炎が出るケースもあります。人間も含めて、動物の体はある一定の方向に動くようにデザインされているのですから、それを一箇所だけでも人工的に変えてしまうと、体のほかの部分が無理をするようになってしまうのだと思います。

大型犬の飼い主で保存治療を選択した成功例をあげている英語のサイトがいくつかあるので、それらを読んでは、よし!やっぱり保存治療でがんばるぞ、と決意新たにし、


こんな記事をみると、やっぱりななんらかの手術をしたほうがいいのかなぁ、とも思うし...
(人間の)前十字靭帯損傷の場合も、やはり保存治療と手術がありますが、保存治療を選択する場合として
1.前十字靭帯(ACL)の単独型損傷で日常生活レベルにおいて不安定感のないもの
2.ジャンプや全力疾走を含むスポーツ活動に従事しないもの
3.高齢者


本人に聞けない1番を除いて、みごとに外してます。
悩むなぁ...どうしたいか本人に聞きたいなぁ...
動物と話ができるっていうソロモンの指輪があったらなぁ...なんて思うひとときです。
ring.jpg


そんな飼い主の心配をよそに、茶犬はいつものように人の靴を強奪し、ビリビリやっているので、「まぁ、あいつも苦労してるし、靴ももうそろそろ買い替えないといけないから、いいわ」と止めずに放置しておいたら、


よく見たら、私の靴ではなく、ばあばの靴だった...
04052010-1.jpg



懺悔の時間です。
「いや~、いつの間にやられてんやろう」
というばあばの問いかけには、
「さぁ」と答えるしかありません。玄関に放置してあったのは事実ですし。見てて止めなかったなんて口が裂けてもいえません。正直に言おうものなら、もれなく損害賠償金請求されますから。



神様、ウソツキな私をお許しください。









04052010-2.jpg
神様は許してくれたようです。




君も、ちょっとは反省したまえ!
04072010-5.jpg
反省するのはサルでもできるっていうから...




太郎くんにもできるらしいよ。
04072010-1.jpg




ランキングに参加しています。読者の皆様の暖かい1ポチ、励みになります。
Ranking-A1.jpg


          ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

靭帯損傷 -序章-

皆さん、おひさしぶりです。
しばらくお会いしない間に、ちょっと困ったことになりました。
ドクターに連れていかれて、足を触られたり、眠くなるお薬を打たれたり、大変な毎日です。
08232009-1.jpg


ボクは足が痛いだけで、詳しいことはよくわからないのですが、ぼくみたいな活発なラブといっしょに暮らしている飼い主の皆さんとは是非、共有したいお話らしいので、日曜日もお仕事にでかける忙しいママですが、時間を見て記録していきたいと言っていますので、ママにまかせたいと思います。


ということで、ここからはハーディ・ママのPurdyがリポートします。
2週間ほど前、夜中に大きい物音がしたので飛び起きて、暗闇に目を凝らしてみると、ハーディがベッドの下にいました。立ってみるとビッコをひいていたので、ベッドから落ちて捻挫したかと思い、様子を見ることにしましたが、丸1日たっても改善の気配なし。それどころか、どんどんひどくなっていっているような気がしたので、救急病院に連れていきました。


その時は触診しただけでしたが、股関節は異常はないが、左の足をある方向にひっぱるとハーディが抵抗するので、たぶん痛みを感じているようだし、膝が腫れている。レントゲンを撮らないと詳しいことはわからないが、たぶん靭帯を損傷したのだろうということでした。


ハーディみたいな大型犬の場合は、外科手術が一番効果的ですが、症状が軽いようなら安静にしていれば収まることもあるので、とりあえず炎症止めと痛み止めをあげますから、様子を見ましょう。詳しくはかかりつけのドクターで見てもらってくださいと言われて、帰ってきました。う~ん、手術。そんな大げさなことにならないことを祈ります。


炎症止め(Tramadol)を与え始めて3日ほどで、飛躍的に症状が改善!ハーディも足が痛くなくなったからか、止める人間たちを振り切って暴れまくり、パークに行っても、ちょっとだけ、と離してやるといきなりのダッシュで、また足をひきずるようになってしまいました。


それからは薬を与えても全く変わらず。むしろ前よりもひどくなったような気がするので、ドクターに直行。今回は、ハーディには悪いがSadative(鎮静剤)を打ってもらった上で、レントゲンと詳しい触診をしてもらいました。結果、予想はしていたので前回よりショックは少なかったものの、救急病院で言われたのと同じ「靭帯損傷」でした。

cruciate1_dog.jpg
上の図でいうと、4と5の靭帯が切れてしまったり、伸びてしまった状態です。


とりあえず、今日はここまで。
次回はもっと詳しく、お話できると思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。