スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わざわい転じて

昔黒ラブくんと同居したことがありますが、その頃の記憶には残っておらず、ハーディを迎えるにあたっても「短毛種だから、たいしたことないよ」となめてかかっていた
06122010-a.jpg
抜け毛



抜けるもんはしょうがないよ
06122010-2.jpg
ちょっといきなりどーしちゃったのヨ、プリンス・ウィリアム!!


とは言っても、
季節の変わり目にはドカーンと脱毛してくださるワンコと同居するものとして
今一番欲しいものは...


ずばり


掃除機界のメルセデス・ベンツ、ダイソン・アニマル!言いすぎ?だって高いんだもん
06122010-11.jpg

の最新モデルDC23キャニスター型。値段も高いけど、これでもかという吸引力、魅力です。

アニマルというだけあってユーザーの批評を読んでも、「ゴル3匹買ってます」みたいな人が、これを買ってからは他の掃除機は考えられられないとか書いてるのをよく見かけるので、非の打ち所のないパーフェクトな掃除機とは言わないまでも、値段だけの仕事はしてくれるようです。


で、気になるお値段のほうですが、
$749!


たかが掃除機のくせに、税金入れたら$800以上!
すごく痛いけど、半年ほど前に泥棒に入られて盗まれた貴金属や現金の分を、このたび保険会社から支払ってもらったところなので、キャッシュはあるし(保険会社さん、ありがとう!)
盗られた婚約指輪やら、おばさんの形見の真珠のネックレスとか、惜しいけど、考えようによってはタンスの肥やしにしておくよりも現金化して必需品に投資するほうが有意義ともいえます。

ということで
災い転じて福となす
買っちゃいます。



ブラッシングのあとはこうしてかじります。1ドルショップで買ったのに1つで2役のえらい奴です。
06122010-b.jpg
これこれ。



ランキングに参加しています。読者の皆様の暖かい1ポチ、励みになります。
Ranking-A1.jpg


          ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

神様か害獣か

ハーディのことではないですが、


狼の待遇って、国によってずいぶん違うなぁと思うのですが、
子供の頃、誰もが読んだイソップ童話とかグリム童話とか、ヨーロッパ系のお話だと、狼はもれなく悪者扱いで
06102010-2.jpg
子供を食べてしまったり


06102010-6.jpg
ヤギや羊を食べてしまったり
(「狼と7匹の子ヤギ」ウィキペディア英語版から拝借した画像ですが、とても子供向けの童話とは思えない生々しい挿絵です。骨をかじってるときの誰かさんソックリではありませんか)
06102010-7.jpg


...もとい


人間が狼に変身して、やっぱり人間を襲ったり
06102010-1.jpg
君なら許す


とかく、白人社会では悪者として描かれる狼ですが、当時のヨーロッパでは狼=大事な家畜を襲う害獣だったから、無理もないですね。


日本のように農耕民族の間では、逆に、農作物を食い荒らす鹿や兎などの動物から守ってくれる貴重な存在だったので、犬神さまとか、大神さまとか言われて大事にされてきました。


北米でも、原住民にとっては狼は「家族愛」や「忠誠心」などの象徴でプラスのイメージだし
06102010-4.jpg



狼じゃないけど、古代エジプトでは、アヌビス神のようにジャッカルの頭を持つ神様もいます。
06102010-11.jpg



同じ動物でも、お国違えば待遇も随分違うなぁ、でもどうせなら、同じことして感謝されるほうがいいですね。
おわり

変わったこともないけれど

最近はなにも変わったことがなく、マンネリな日々を過ごしています。
ママは最近血圧が高いそうで、よくサツマイモを食べていますが、ひとりで食べるのもつまらないので
06092010-1.jpg
と、半分食べてあげています。



今日お散歩に出かけたら、猫ちゃんに3回も会いました。
猫3連発、いってみます。
06092010-4.jpg



06092010-3.jpg



06092010-2.jpg



と、ことごとくフラレました。
06092010-5.jpg
こないだ、うちの近所でママがヨシヨシしていた猫に挨拶しようと猛ダッシュをかけたら、勢いあまって踏んづけてしまったので、猫たちの間で連絡網が回っているのかもしれません。


おまけ
Purdyの告白
わたくし、自称犬好きではございますが、「小さくて白い犬」は「小さい」「白い」以外の特徴をつかむことができず、マルチーズとかビション・フリーゼとか...(あと思いつかん)いろいろ種類はあれど、みな同じに見えてしまいます。小さくても、ポメラニアンとかミニピンとかジャックラッセルテリアとか特徴のあるワンコたちは問題ないんですが、小さくて白い犬系はどーもダメです。
06092010-6.jpg


同じ理由で、近所を徘徊しているたくさんのインド人のおじいさんたちも、ターバンの色と背の高い低いくらいしか違いがわかりません。でも、相手も私のことをメガネかけた東アジア系のおばさん、くらいにしか認識できないのでおアイコです。
06092010-7.jpg
おわりなのじゃ。




猫ふんじゃった~猫ふんじゃった~で、ポチっとお願いしますね。
Ranking-A1.jpg


          ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。