スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣組

カナダには、日本のように「隣組」といった便利な制度はありません。

代わりというか、一番近いのが「ブロック・ウォッチ」といわれる制度で
062214-8.jpg
通りに囲まれた「ブロック」内の世帯が単位となります。
別に回覧板が回ってきたり、ゴミ収集所のおそうじ当番割り当てとか
そういう類の集まりではなく、どちらかというと「見回り組」というか
ご近所で不審な人物を見かけたり、泥棒に入られたりしたときは
そういう情報を共有して、お互いに助け合って、侵入者から
自分たちを守りましょう、みたいな集まりです。

隣組のように、「当番」で班長が決まるのではなくて、通常言いだしっぺの世帯、
よくあるのは、世話好きで活動的な有閑老夫婦がキャプテンになります。
同じブロックの世帯に、ブロック・ウォッチに参加しませんか、と声をかけて
ある程度集まったら、元締めの団体に申請します。

警察からの回覧メールみたいなのも配信されるし、個人や1世帯で不審者を
見かけましたー!と訴えるよりも、ブロック単位で、最近この近辺泥棒が多いから
パトロールを強化してください、みたいなリクエストもできたりして、結構便利です。





で、前置きが長くなりましたが(って、今まで前置きやったんかい、という突っ込みは
なしでお願いします)

うちのブロック・ウォッチのキャプテンも漏れなく気さくな爺さんですが、
去年から、ブロック合同でガレージ・セールをやろう!と言い出しまして
オンライン掲示板なんかにも広告を出したりして、結構大々的に
行われました。夏になって天気がよくなると、あちこちでガレージ・セールの
手書きの看板を見かけますが、同じところでまとまってやるほうが
当然、集客率もよくなります。

062214-2.jpg

その合同ガレージ・セールが先週末あり、うちも去年に続いて今年も参加。


去年ははじめてのガレージ・セールということもあって、何をどれくらいの
価格で売ったらいいのかとか、何が売れるのか、とか要領もわからず
疲れたわりに、あまり儲けもありませんでしたが


062214-1.jpg
去年の経験を元に計画を練り直し、いざ!


去年のガレージ・セールから学んだこと。

1. 基本「ガラクタ」市ですから、高い値段はつけない。
   20ドルの値段をつけても「5ドルでどう?」と言われます。
   だったら、はじめっから5ドルにしてやろうじゃないの。
   ということで、全品5ドル以下。

2. うちにあるガラクタだけではなく、人からもらった「質のよい」ガラクタも
   数のうち。
   人からもらったもの、会社で捨てられそうになっているものでも
   5ドルなら喜んで買う人がいます。

3. おっさんは上客。
   工具やガーデニング用品などなど、欲しいものが頭にあるのは
   おじさんたち。女性客は、なにかいいものがあったら、買っても
   いいわ、と見に来るだけなので、気合が違います。

4. 早起きは三文の得
   気合の入ったバイヤーは、朝一番にきて、いい物を全部買って
   行きます。今回の収益の三分の一は、朝の1時間の売り上げです。


062214-3.jpg
人気の「おじさん」コーナー





062214-4.jpg
バンクーバーから小1時間ドライブして、出展しにきてくれた
KiyomiQさんの女の子グッズコーナー。
こちらは手作りのかわいいものばかりで、こんな片田舎のガレージ・セールぢゃ
なくて、クラフト・フェア向き。彼女のサイトです。  KiyomiQ.com



いつの間にやら、うちの爺さん婆さんワンさんも出てきて、邪魔してくれています。
062214-6.jpg
あの~、そこにいるとワンコが嫌いなインド系のお客さんが来ないから、



こちらでお待ちください。
062214-7.jpg


結局、朝8時から夕方4時までがんばって、



待望の
062214-9.jpg
ダイソンのハンド・ヘルドの掃除機が買えるだけの収益がありました~



来年もがんばろっと。



よろしければ、おひとつお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

医者に連れてくか 様子を見るか

悩むところです。大いに悩むところです。

わたくし、ちょっと思うところあって、以前知り合いに、もう読んだから
捨てるつもりだけど欲しいのがあったら持ってって、と言われた
本の山のなかからもらってきた

「せき、こえ、のどに、あさだあめ」 のおじさん
rokusuke.jpg
知らない人はスルーしていいよ けっ


永六輔さんの「大往生」を読み返していて、ふと目に留まった一節。


「身体がちょっとオカシイくらいで医者に行ってはいけません、
確かにいつもと違う、という自覚があってからで大丈夫です。
今の診察技術だと、ちょっとオカシイを、とてもオカシイに
してしまう危険のほうが高いのです。」


ワンコにもあてはまるところがあります。
ワンコだけでなく、車にもあてはまります。


オイル交換に行っただけなのに、フィルターも汚れてますから
変えたほうがいいですよ、ブレーキパッドも随分減っていますから
ついでに変えますか、タイヤのローテーションは...

頼んでねーよ。よけーなことすんなよ。さっさとオイルだけ交換しろよ。
とオブラートに包んでお願いするのですが。


ちなみに、カナダの医者にはあてはまりません。
カナダでは、家族で100ドル程度(個人だともっと安い)の健康保険料を
払うと、あとは手術しようが、入院しようが、抗がん剤治療しようが
無料です。逆に不必要にお金のかかることはしてくれないので
切腹手術しても、二泊三日くらいで放り出されたりします。


ワンコの場合もあてはまると思うのですが、問題は
>確かにいつもと違う、という自覚があってからで大丈夫です。
の部分。

ワンコは、たとえ違うと思っても、飼い主さんに病院に連れていってくれ
とは頼めませんからね。これは明らかにおかしいと、
他の人がたいしたことないよ、と言っても、四六時中いっしょにいて
一挙手一投足見ているα飼い主さんがこれは絶対におかしい!と
思ったら、連れていくことになりますよね。

で、連れていったところが、2、3日おとなしくしていたら自然に治りますから
と言われて、対処療法のお薬を渡されて300ドル。
ちっ、もうちょっと様子みたらよかった、となったり

逆に、あ~連れてきておいてよかった。様子見てたらどんなことになってたか、
と思うこともあったり。判断がとても難しい。


ハーディももうすぐ9才ですから、この二択で悩んだことが何度もありました。
いくつかご紹介します。


1.外傷
棒をとって来い、と投げたところが、地面に斜めにランディングして、それを
くわえようとしたら、5、6センチ歯茎にささってしまった。
→速攻、救急病院行き。レントゲンの後、全身麻酔で切れっぱしを
 抜いてもらう。


2.チョコレートの詰め合わせ一気食い
ご両親にあげてください、といただいた30個ほど入った詰め合わせの
チョコレートを全部やられた。
→救急に電話して、聞かれたとおり食べたチョコレートの種類と量を教えた
ところ、その量だと問題ないですが、もし容態が変わったら連れてきて
ください、と言われ、結局連れていかなかった。
(チョコレートは犬に悪いと言われ続けたが、調べたら、そんだけ食べたら
人間でも具合悪くなるだろーという位食べないと、本当に具合が悪くならない
ことが判明。ハーディの体重だと、100gの板チョコ50枚とか食べたら、とか
そういう量。)


031210-1.jpg
でもこういうこともあるので、
→ 生々しい被害者の声
犬の食欲をなめてはいけません。



3.グルコサミン一気食い
GLU.jpg

仕事から帰ってきたら、ボトルが床にころがっており、三分の一ほどなくなっていた。
100錠ちかくは食べたはず。さすがに途中で胸悪くなったのか、飽きたのか
食べていたら親分が帰ってきたから止めたのか、全部は食べていなかった。
→めちゃめちゃ心配しながら、様子見。
 次の日のウンチは、水彩絵の具の茶色・黄土色・白を1:1:1の割合で
 混ぜた色だったけど、それ以外はへーきだったので、連れて行かなかった。
 (ペイントブラシとかで、色を混ぜても同じ色はでませんので、あしからず)



4.おしっこが錆び色
→病院に連れて行ったら、目も歯茎も耳の裏もまっ黄色の黄疸。
 急性肝炎で1週間入院。危なかった。連れていってよかった。



5.プラスチックの容器にはいった海苔とともに、シリカゲルも食べた(疑い)
→フタがとれてて、中の味付け海苔はみんな無くなっていて、一番
底に入っているはずの、例の「食べられまへん」と書かれた袋、
たしか入っているはずの袋が、付近を捜しても見当たらない。
様子を見てて、おかしくなったら連れていこう、と観察していたところ
2、3日下痢~軟便だったが、それだけだったので、結局連れて
いかなかった。



6.ウンコからでてきたソーメンが踊っていた。
→速攻医者に行って、虫下しをもらう。



7.何を食べたのか、気分がとても悪いらしく、真冬の真夜中に身体が冷たく
なるまで外にいて、中に入ってきたと思ったら、またしばらくしたら外に出て、
の繰り返し。
→他に目だって違うところはなかった(おなかが膨張していたり、便に血が混じったり)ので
一晩様子見。次の朝になっても変わらなかったら、連れて行こうと決めていたら
朝になったら、いつもどおり朝飯を要求。結局病院には行かなかったけれど、
朝ごはんは抜き。

そのうち、もっと思い出すかもしれませんが、思いつくだけで、こんなもんです。


いろいろやってますなぁ、こうやって見ると。
皆さんのご参考になるかごうかわかりませんが、以上、我が家の場合でした。


よろしければ、おひとつお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

予防接種について

以下は私の個人的見解で、自分の犬に限っての結果ですので、
ご自身の判断の参考程度にお読みください。
自分は全ての予防接種を否定するのではなく、過剰な接種に
疑問を抱く1飼い主です。

絶対とはいえませんが、おそらくワクチンの副作用であろうと思われる
見た目なんの犬だかわからないほどひどいアトピーに悩まされているワンコ、
自己免疫疾患の溶血性貧血で壮絶な死を遂げたワンコを見てきました。

いくらその可能性が低くても、よかれと思ってしたことにより、死に至る、または
一生病気を背負っていかなければならなくなる、というのは本末顛倒だと
思うのです。
(ハーディは以前に、膝の炎症を抑える非ステロイド系消炎剤で急性肝炎になり
死にかけました。そのときに、つくづくそう思いました。やりすぎは、しないよりも悪いと。)

無責任な飼い主、とうつるかもしれませんが、私はハーディに2才以降
予防接種を受けさせていません。(代わりに、後述する抗体価検査にしています。)

犬の予防接種には、狂犬病をはじめ
犬ジステンパー
犬パルボウイルス感染症
犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
犬アデノウイルスII型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
犬パラインフルエンザ.犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ病黄疸出血型
犬レプトスピラ病カニコーラ型
犬レプトスピラ病へブドマディス

犬用の予防接種にいちいち「犬」とつけなくてもよろしい、というつっこみは
なしということで。

まず、これだけの予防接種を、混合ワクチンと称していっぺんに投与するのは
大反対です。人間が何度も病院に通わなくても済む、というご都合主義だけで
人間でいえば、はしか・インフルエンザ・水疱瘡・おたふく風邪・結核・え~っと
その他もろもろの予防接種をいっぺんに、しかもまだ2、3才の頃に
ブースターと称して、2度も3度も打つようなものではないですか。

また、人は一度免疫ができると、免疫力が一生持続するが、犬の場合は持続年数が
短いので、1年に1度必ず接種しなくてはいけないという医者もいるようですが、

米国動物病院協会(AAHA)の犬のワクチンの2011年のガイドラインによると
ジステンパー、パルボウィルス、アデノウイルスII型感染症のコア・ワクチンについては
16週齢の初期接種を受けた子犬は一年以内にブースター(追加免疫)接種を行い、
以降は毎回3年以上間隔を空けて接種する(≧3年)ということです。

ドッグランやペットホテルによっては、1年以内にワクチンを打っていること、などと
いう規定を設けているところもあるみたいですが、それって全く時代遅れの規則と
言うべきでしょう。

わたしは、その3年に1度のワクチンですら、無意味に与えるのはいやで、
抗体価検査を受けさせていますが、値が低すぎるのでワクチンのブースターを
打ちましょう、と言われたことは1度もありません。

抗体価検査というのは、結核でいうところの、ツベルクリン検査みたいなもんです。
違うところは、ツベルクリンの場合、皮膚に液を注射して反応をみるのですが、
犬の抗体価検査は血液を採取して、検査に出します。
ちなみにPurdyは、子供の頃いつも擬陽性で、ツベルクリンのあとのBCGを
免れていました

以前にその病気にかかったことがある、もしくはワクチンを打って免疫ができている場合
病原体に対して、特異的に反応する物質(抗体)が産出されます。血液を調べて
抗体価が基準値より高ければ、その病原体に感染したことがあり、免疫があるとされる
(但し、免疫があるからといって、絶対にその病気にならないという保証するものではない)
というものです。この「基準値より高ければ」という点に疑問を投げかける獣医もいます。
そもそも、病原体の進入に対して反応する「記憶細胞」とやらは、病原体との接触が
なければ普段はお休みしています。有事の際には武器を取って戦うけど、平和なときには
お休みしている軍隊みたいなもんでしょうか。

ですからお休み状態のときに、抗体価検査をしても数値は低いのです。でも低いイコール
免疫力が低いということにはなりませんよね。ワンコたちがいっせいにワクチンを打つ
シーズンになると、尿などに病原体が微量に含まれるので、そんな時期に抗体価検査を
すると、数値が若干高くなるということも聞いたことがあります。

以前に飼っていたブラック・ラブは一度だけケンネル・コフになりました。
上のワクチンでいうと、パラインフルエンザやアデノウイルスII型の菌に感染することに
よっておこります。まだ2、3才の頃でした。1泊だけの予定で、はじめて獣医のペット・ホテル
(といっても20年以上前の話ですから、殺伐とした檻のような空間でした)に預けたの
ですが、飛行機のオーバーブッキングで予定日に帰ってこられなくなり、2泊になって
しまいました。家に連れて帰った次の日には発症していました。
幸い、数日で治りましたが、カッカッという咳をして、抜け毛も多く、つらそうにしていました。
何故感染したか、ですが、他の犬との接触が多いペット・ホテルに連れて行かれたこと、
それにも増して、知らない人ばかりの所にいきなり連れて行かれて足掛け3日も留め置かれた
のがストレスになり、免疫力が低下したのが一番の原因だと考えています。

ハーディも病気や怪我で入院でもしない限り、ペット・ホテルにお泊りすることはありませんし
100%室内犬で、他の犬に興味がないので、パピーの頃のようにドッグ・ランで他の犬と
たわむれるということもありません。しかし、同じ病気を共有できる野生動物(アライグマや
スカンク)もご近所を徘徊していますし、水のあるドッグ・ランに行くと他の犬との接触も
ありますから、感染する機会はゼロではありません。

それでも、個人的にはやはり、ワクチンからはできるだけ遠ざけたいなぁというのが本音です。
ハーディももうすぐ9才。
いろんな人のいろんな意見を聞いていますが、ワクチンの効果は7年~9年持続するという
説を尊重すると、ぼちぼち切れるころかぁ。でも、シニアになったら、もう予防接種なんか
させないわよ、という声を聞くと、そうだよねぇと思うし。

でも、ほぼ間違いなく、私は後者です。

よろしければ、おひとつお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


おスネちゃま

どうでもいい話ですが...

「柳のした~に猫がいる。だから♪~」
と聞くたびに、

柳の下に猫やったら


06022014-1.jpg


やん、とツッコミをいれたくなったのは私だけ?

これを読んで、バカボンの歌が今日のテーマソングになってしまった人
ごめんなさい。
これを読んでも口ずさめない若者は大丈夫です。

ちなみに、英語でもBlack Pussy Willowと言いますので、
さしずめ「クロネコ・ヤマト ヤナギ」といったところですね。
06022014-2.jpg

だから柳の下に猫、というのはまんざら冗談でもないわけで。



って長々とすみません。通りがかりに黒い猫を見たもので、つい。





今夜のハーディはおスネちゃまでした。何故なら...


朝のお散歩に行ったっきり、パパとママが

こんなことをしに出かけちゃって
06032014-1.jpg



こんなところでお弁当を食べて
06032014-2.jpg



こんなところにも行って
06032014-3.jpg



おまけにカニまで捕って
06032014-4.jpg



ボートを上げて、さっさと帰ってくるのかと思ったら
船着場でバッタリ会ったお友達とおしゃべりをして
06022014-5.jpg



8時半まで帰って来なかった!
からです。



むかついたから、今晩はいっしょに寝てあげません。
06022014-6.jpg
哀愁ただよってんなぁ。



今週末、埋め合わせしますよ~。



よろしければ、おひとつお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

やなやつ

♪あら、こんなところに牛肉が、たまね~ぎたまねぎ、あったわね♪
なんてCMが昔あって、冷蔵庫に何が入っているのか、把握していないとは
主婦の怠慢ぢゃ!と某食品メーカーが叩かれていましたね。

Purdyは結構行き当たりばったりで、今日も
「あら、こんなところにステーキ肉が、ターキー・ソーセージもあったわね
ついでにサーモン・バーガーも。」
と、バーベキューと相成りました。

悪かったよ、怠慢で。ふん。



05312014-2.jpg
毒見してあげてもいいですヨ。



05312014-1.jpg
ねぇ、一口毒見...




その6時間ほど前。




今日みたいに天気がよくて暑い日は、木陰の多いお散歩道にしましょう。
05312014-3.jpg



これくらい影が多いと、涼しくていいでしょう。
05312014-4.jpg



あ~暑い、暑い。
05312014-7.jpg




ちょっとでも影のあるところに...
05312014-5.jpg




こんなに暑いから、誰もいないじゃないですか。
まだこれから6月だっていうのに、もう

05312014-6.jpg
あ、それ言うと日本の読者9割くらい敵に回すかも...





最高気温22度もある!




すんません。カナダ生まれの暑がりなもんで。
こんなやつですが、心のひろ~い読者のかた
おひとつお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。