スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミ騒動

いったん収束したかに見えたネズミ騒動ですが、
(過去記事)→子年去って子来る


最近になって、再びあちこちに出没して、食べ物を食い散らかした挙句
糞尿だけ残していく、という失礼極まりないネズミたちにウンザリの
ハーディ家。

お前かーっ!
10132014-1.jpg
え゛?人違いですよ。わたしはただのハロウィンのおもちゃ。


10132014-3.jpg
ここに来ていきなり、茶犬に尻尾かじられたし。

じゃあ、まぎらわしいから登場しないように。



頭にきたので、ちょっと本気を出して、ネズミ捕獲作戦に乗り出しました。

作戦その1
大きめのバケツの上に針金を張って空き缶を通し、ネズミくんが大好物の
ピーナツバターをぬりたくる。そして、バケツにはご丁寧に足場を渡して
ネズミくんたちがバケツの上に登れるようにする。バケツの上まで来た
ネズミくんたちがピーナツバターを食べるためには、缶の上にジャンプ
しないといけないわけで、ジャンプすると缶が回転して、バケツの中に
転落。バケツの中には、万が一ジャンプ力のいいネズミくんが、ジャンプ
して出られないように、水を張っておく。
10122014-1.jpg


作戦その2
オーソドックスなネズミ捕り。
でもあまりにオーソドックスすぎる、こういうのは
10132014-2.jpg
ネズミくんたちの間にも知れ渡っているらしく、1匹もかかった実績がなく
バネが繊細なので仕掛けている最中に自分の指を挟まれて痛い思いをする、
という本末転倒な結果になるので、それよりも少しグレードアップした
「らしくない」ネズミ捕りに、好物のヒマワリの種をサービスにおつけして、
多発地帯に設置。
10132014-4.jpg



そして

結果はっぴょ~


作戦その1   
2日連続で、溺死していらっしゃいました。


作戦その2   
大猟~毎日のようにかかっておりました。
2匹かかってる日もあったし。


作戦その3   
なんと、ハーディが初のネズミ捕り!
ハーディが朝ごはん待ちをしているところに、運悪く通りかかった
赤ちゃんネズミが、ハーディのおもちゃになってしまいました。

そのときの画像はありませんが、再現画像がこちらに...
10132014-5.jpg


10132014-6.jpg




作戦その4   
ついさきほど、婿殿が子ネズミを捕獲。
かわいいから、飼うといいだして...

10132014-7.jpg


10132014-9.jpg
かわいいと言えなくもないが...



おわり

スポンサーサイト

野次犬

番組の途中ですが、ニュースをお伝えします!

10052014-1.jpg



外が騒がしいので、でてみたら...
10052014-5.jpg
でっかい車がいっぱい止まっていました。


消防車というんだそうです。よく遠吠えしながら走っているやつですね。
近くで初めて見ました。煙がでているだけのボヤだったのに
4台も来ました。
10052014-6.jpg
うちの家の前には消火栓があるので、はじめて使うところを
見られるのかとワクワクしていましたが、誰も使ってくれませんでした。


よく見ると、パトカーもとまっていますね。
10052014-4.jpg



結局、煙も5分ほどで消し止められ、事なきを得ました。


このあと、通りかかった消防士さんに飛びついて挨拶をしにいったのに
相手にしてもらえまえんでした。
10052014-7.jpg


ちなみに、「野次馬」という言葉は、年取った馬→親父馬→やじ馬→野次馬と
本来は、「御しがたい年寄り馬」という意味だったそうですが...


おわり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。